今日の臨時議会 結果

各新聞にも報道された、今日の再議・・・・結果は?

 

議案第43号 高萩市職員の給与に関する条例の一部改正する条例の再議

   第63号 高萩市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の再議

これら2つは、所定数(3分の2、12票)に達しないので、少数で否決となりました。

 

   高萩市職員の給与に関する条例の一部改正について

 平成21年度高萩市一般会計補正予算(第4号)

平成21年度高萩市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

以上、3つは賛成多数で、可決でした。

 

ということで、「職員給与のカット分を全廃するのではなく、行財政健全化を継続していく方向で、2%だけ戻して上での

9月の補正予算を組んでいく」という、市長および行政側の計画を崩さずに、かろうじて通すことができたということになります。

 

 国の「健全化法」により、財政状況が悪化した公社等は、平成25年11月30日がタイムリミットで、強制解散となります。

この負債は、市の一般会計から補てんしなければなりません。

 高萩市は、現在の計画からみると、少なくとも、含み損36憶がのしかかってくることになります。

したがって、来るべくして来ると予想される、最悪の状況を考えても、今の時点で、単年度決算が黒字だからと言って、市の行政健全化をやめるのではなく、継続して、その時に備えておくべきであると、私も考えております。

 そう考えると、今回の場合、市長のとった「再議請求」については、当然だったと思うが、しかし、あまりそんなことばかりやっていても、議会を含め、高萩市の組織そのものの信頼性が失墜してしまうので、いかがなものでしょうか????


web by FC2

明日  平成21年第3回臨時議会

本日、草間市長から

議案第43号 高萩市職員の給与に関する条例の一部改正する条例の再議

   第63号 高萩市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の再議

   高萩市職員の給与に関する条例の一部改正について

 平成21年度高萩市一般会計補正予算(第4号)

平成21年度高萩市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

 

について、臨時議会が招集されました。

再議の提案理由として・・

今回の議決は、行財政健全化に支障をきたすものであり、本市の責任者である市長としての

   政策意思に反するものである。

    以上の趣旨から、本条例の修正には承服しがたく再考を願うものである。

となっています。

 これで、昨年の12月議会に続き、2度目の再議請求となります。普通にはあり得ないことなのに、自分の考えに合わないからといって、同じ議案の議決を、「もう一度、考え直して」という感じで出されても、ちょっと、高萩市としての姿勢が問われるのではないでしょうか?

明日は午前10時からの開会です。ぜひ、傍聴にいらしてください。


web by FC2

高萩市議会議員の政治倫理に関する条例

9月定例議会の追加議案として、政治倫理条例の一部改正が、2とおり提案された。

1つは、従来は

市の発注を随意契約する者になることを、辞退しなければならない者として、

「議員、その配偶者及び議員の3親等以内の親族」であったのに対し、

改正案として

「議員、その配偶者及び議員の3親等以内の親族並びに議員が代表者、役員である法人又は実質的経営に携わる法人」が追加されたものだった。

 

2つ目は、私が提案したものですが、

「市の発注する物品にかかる随意契約者になることを辞退し」を

市が行う工事等の請負契約、下請け工事、業務委託契約及び物品納入契約者になることを辞退し」に改めたものだった。

 

 私の考えでは、平等性を保つために、物品購入にだけ制限を加えるのではなく、工事等の業務契約についても議員としてのモラルを考えていただくべきではないかということで、この提案をしました。

 

 しかし、残念ながら、私が提案した第2案は否決となり、第1案が可決されました。

 もう一歩、深く考えるならば、この条例に関しては、議員だけでなく、首長である市長も含めた「高萩市政治倫理」にしなければなりません。

 ただ、この条例には、「規則に定める」となっている、「罰則」がありません。そのあたりで考えると、まだまだ未完成部分が残されていると思います。


web by FC2

本会議(採決)

今日は、荒れに荒れて大荒れでした・・

9月4日に上程された議案は議案41号から59号のうち、補正予算をはじめ、8つの議案および議会に関する陳情3件

が否決された。

これらすべて議案は全部で19あった。

私は、職員の給与を元通り差し戻すという修正案が出されていたもの以外は、すべての案件に賛成しました。

特に、議会に関する陳情においては、賛成討論を行い、議会の再構築をはかろうと思いましたが、

残念ながら否決されました。

今回、職員の人件費は2%もどすということで議案が出されておりましたが、

議案を反対している議員は、2%でなく完全にもどすことを要求しているので、

すべて、職員の人件費が含まれているものについては反対しているのだということです。

これだけ、否決されているということは、市長の不信任というようにも受け取られるのでは、ないだろうか?

今後の高萩市の対応が問われている時だと思います。 


web by FC2

議会改革検討特別委員会

議題

1、高萩市議会議員定数の削減に関する陳情について

2、高萩市議会議員の議員報酬及び期末手当削減に関する陳情について

3、高萩市議会行政視察見直しに関する陳情について

 

これらの陳情について、私はすべて賛成しましたが、残念ながらすべて否決となりました。

 確かに20年度は黒字決算でしたが、単年度決算で財政調整基金を取り崩しながら使っているわけだから、今後の住宅公社の負債もあるし、国からの交付金等がどうなるか分からないことから考えても、今の高萩市の財政は、夕張のようにはならないにしても、決して余裕があるとは言えない。したがって、議会経費の見直しに関しては、「もう大丈夫だから、やらなくてもいい」ではなく、常に検討していくべきであると私は思っている。


web by FC2