東海第二発電所  視察

先般、日本原子力発電(株)から、震災後の対応と現状、安全について説明をしたいとの申し出があり、

私を含め、8名の議員と3名の事務局とで、東海第二発電所に視察に行ってきました。

 

まずは、地震発生後の状況、3月11日の地震の後、15日には冷温停止したこと、

東海に到達した津波の大きさと浸水状況の説明などがありました。

また、安全対策の説明として、

〇津波による浸水防止策

〇電源の確保

〇原子炉冷却機能の確保

〇使用済み燃料プールの冷却機能の確保

〇シビアアクシデント(過酷事故)への対応に関する措置

〇安全性向上対策を確実にするため、体制面・運用面の強化

などが行われているそうです。

 

今後の再稼働について質問したところ、国による津波の想定が、決まらないため、防護壁を何メートルの高さに

すべきかどうかが決められない、そういった整備をきちんとしないと、ストレステストもできないし、

住民の合意を得ることができないでしょう。ということでした。

 

現場の方たちの一生懸命な気持ちはわかりますが、先日の竜巻も含め、自然の大きな力の中で、人間の力なんて

ごくごく小さいものです。どんなに細かい対応がとられていようと、原子力そのものが危険なものであることには

違いはありません。「想定外」をどこまで想定できるか、難しいと思います。

電力の確保も必要ですが、細かいところではなく、もっと大きな目で、長い目でみて自然と人間との共存を

考えていくべきだと私は思うのですが・・。

 


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>