第3回 高萩市・日立市事務組合 定例議会

人件費と共済費の補正予算の承認についてであった。

全員協議会のその他の事項で、事務組合の在り方の検討について意見が交わされた。

今後の方向性として、4つの形が考えられる。

 

1、し尿処理場、火葬場ともに、現行のまま継続。

2、し尿処理場は下水道組合に移行する。火葬場は両市の単独事業とする。

3、し尿処理場、火葬場を下水道組合へ移行する。

4、し尿処理場、火葬場、両方とも、両市の単独事業とする。

 

 高萩市としては、2のケースで検討したいということであるが、日立市側としては、4のケースで話し合いを進めたいということである。調整が済み次第、議会に出す予定だそうだ。

 また、費用弁償の件について意見が出された。今日の午後、下水道組合において、費用弁償廃止の提案がされる。

これが可決されれば、4月1日以降、この事務組合が存在すれば、日立市の議員さんは費用弁償の受け取りを拒否し、法務局に供託するという意見が出された。

 私としては、来年の3月議会までに方向性を議会に出してもらって、1年後には解散できるようにすべきだと思う。


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>