北茨城市が医大生奨学金

昨日の新聞によると

北茨城市は、全国の医大生を対象とした独自の奨学金制度を新年度から創設する考えを明らかにした。卒業後に市立病院に勤務することを条件に、月20万円の奨学金を最大6年間貸与する。修学資金を受け取った期間、市立病院に勤務すれば返還は免除する。同様の制度は県も設けているが、市町村では初。

ということが発表されました。このことは、平成20年2月に出した、よしかわ通信第22号の中ですでに提案していたことで、高萩市で検討していただきたかったのですが、特に取り上げられることないままでした。

それが、隣の北茨城市で実現されるとは、先を越された感じで非常に残念です。高萩市でも何か得策を考えていかなければせっかく新築された協同病院を、市民の健康のために最大限に生かしていくことができなくなると懸念しております。

 


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>