議会運営委員会

今日は、25日に臨時議会を行うための運営委員会がありました。

その中で、いろいろ意見が分かれましたが、私としては、今回に関しては、6月、9月、12月と十分審議してきたのだから、会期は一日、わざわざ特別委員会を設置する必要はないだろうと思います。

職員組合の気持ちを尊重して、行財政健全化に取り組んでいくべきだと考えております。

 


web by FC2

ご指摘の通り・・

ご指摘ありがとうございます。

この議案については、再議となり、12月25日 臨時議会が招集されます。

※再議とは・・地方自治法では、条例の議決に意義がある場合、首長は議会議長から通知を受けてから10日以内に、再度、議会に審議を求めることができる。再議で出席議員の3分の2以上の賛成がなければ、給与カット中止案は廃案になる。県市町村課に確認したところ、「財政の見通しが不透明で本年6月の議決時と大きな状況の変化がない中、平成20年10月から平成24年3月末までの期間、職員給料を減額支給するとして、一度議決を受けたものを施行後3ヶ月の段階で覆されることとなる今回のケースは再議対象として問題はない。」とされました。

 

 土地開発公社と住宅公社の残した負債を高萩市が債務補償することになり、このことにより、高萩市の財政に危機をもたらすということは、私は約8年前から指摘してきました。取り組みとしては、遅いくらいです。

 財政の立て直しを職員一同、一致団結、協力して行うという思いを無にした今回の議決は、全く遺憾であります。再議を行い、廃案にし、財政健全化を進めるべきであると考えております。


web by FC2

議会は終わったが・・・

 今日は、12月議会最終日でしたが、議員提案で「高萩市職員の給与に関する条例の一部改正について」という議案が提出され、賛成9名、反対8名で議案は採択された。6月議会で高萩市職員組合了解の上、高萩市が決定した「給料カット」が、第三者である議会の意見によりひっくり返された形になった。9月議会でも同じ案件が出ていたが、その時は否決になっている。

 後日、臨時議会が徴収され、再度検討、議決をとり、出席議員の3分の2が賛成でなければ、廃案になる。県内初の再議で、いわゆる市長不信任案と取らざるを得ない。行財政健全化計画は、そんなに簡単に止めてしまっていいものではなく、長いスパンで取り組んでいかなければならない重要な計画であるから、このような状況になってきたことは、私としては非常に残念である。

 この件に関しては、職員組合は納得して、財政立て直しのため、みんなで協力しますということで、決められたこと。それを、職員組合が戻してほしいと言っているのではなく、一部の議員の意見により、あっさり行財政健全化計画の見直しを提案されたことは、少し浅はかではないのか・・?


web by FC2

12月議会一般質問

 今日は、「高萩市の教育に関する取り組みについて」一般質問しました。

市内の公立幼稚園が定員割れしているのに、補助金がすこしづつ削られているのもかかわらず、

私立幼稚園就園奨励費および補助金を市外の私立幼稚園に出していることについて、質問しました。

もっと市内の公立幼稚園を大事にしてほしい。公立に抽選もれして私立に行かざるを得なくなったというのなら、

補助金を出すのもわかるが、定員は十分あるのにもかかわらず、あえて市外の私立に行っている方に対して

多額の補助金を出す必要があるのでしょうか?財政豊かで間に合っているのなら、どんな形であれ

子どもたちのためのお金は削りたくないが、今の高萩市にとっては、「集中と選択」何を重視するかよく考えて

お金の使い道を決めていただきたい。市外の私立より、市内の公立の方を大切にするのが筋じゃないでしょうか?

他にも何件か質問をして、答弁をしていただいたが、このことに対する答弁は一言も何もなかったことが非常に残念です。


web by FC2

第一幼稚園の評議委員会に出席

今日は、私がPTA会長をやっている第一幼稚園で、評議委員会がありました。

来年の入園予定者は30人ということで、今年度より12名も増える予定です。

来年は、延長保育ということで幼稚園の先生の負担が増えることになります。そこで、その延長時間だけでも

お手伝いしていただく方をお願いできたらいいなと思っています。

市長さんが、自分の子供がキリスト幼稚園に行っているから、キリスト幼稚園の園児募集の案内を

ご自宅の壁に貼っています。公立幼稚園の長である市長が、公立幼稚園の園児募集を手伝うならまだしも、

私立幼稚園の園児募集をやっては、ちょっといかがなものでしょうか?


web by FC2