署名を提出してきました

午後4時過ぎ、市長・市民同盟の役員と共に、環境省高山政務官に63000人の白紙撤回へ、怒りの気持ちを届けてきました。

大臣・副大臣がころころ変わる中、高山政務官は3期続けて在籍しているということで、環境問題については精通しているということだと思わったので、質問しました。

「各県に一カ所処分場を作るということや、評価方法については、民主党が決めたことなのか、環境省として決めたことなのか?もし、民主党が決めたことだとすれば、総選挙で政権が替われば状況は変わるのではないか?この評価方法では、まるで『高萩市ありき』で作ったのか!?」

2度聞きましたが、私が期待するような返事はもらえませんでした。

「特措法について質問が出たのでお答えします。」と言って、特措法の説明が始まってしまい、はぐらかされました。

政権が変わり、大臣が変われば、考え方も変わるかもしれません。

高萩市民の思いが伝わることを祈って・・・・

 


web by FC2

環境省へ署名簿提出

今日は、まず、副市長と共に県庁へ行き、常陸太田市ほか関係市町村の方々と国道461号整備促進に関する要望を実施してまいります。

その後、市長ほか職員と、高萩市民同盟の方々と共に、最終処分場白紙撤回の為に市民の方々から集まった約63000人の署名を環境省へ提出しに行ってきます。

私たちみんなの熱い思いをしっかりと伝えてまいります!


web by FC2