第5回臨時議会

今日の臨時議会では、先日お話のあった、日立明秀高校の「旧高萩工業高校跡地を部活動の充実のために

使わせてほしい」という申し出により、県の土地である跡地の用地を確保するための予算を可決し、

県から払い下げる事となりました。

平成25年の春には使用したいとのことなので、グランドや建物の整備もしなければならない事を考えると

できるだけ早く払い下げをし、年内には契約を結んで、早く手続きを進めたいと思っています。

最終処分場の件で、市全体が落ち込んでいるときなので、こうして高校生たちがたくさん集まって、

元気に頑張ってくれることで、高萩市に明るい兆しが見えてくるといいなと思います。

 


web by FC2

国道461号整備促進協議会 要望書

昨日、東京へ行く前に、県庁に寄って、要望書を提出してきました。

高萩市内では、461号線沿いの安良川、神宮司団地のセブンイレブン付近から大高ガソリンスタンド

の近く、240m、通学路の歩道がきちんと整備されていない箇所があります。

用地交渉は今年度の予算で終わっていましたが、歩道を広げる工事の為に、来年度の予算が組まれる

ことになり、とりあえず100m工事の予算がつきそうです。

これからも秋山小学校の通学路の歩道も危険なところがあるので、順次、要望活動をしていきたいと

思います。

 


web by FC2

署名を提出してきました

午後4時過ぎ、市長・市民同盟の役員と共に、環境省高山政務官に63000人の白紙撤回へ、怒りの気持ちを届けてきました。

大臣・副大臣がころころ変わる中、高山政務官は3期続けて在籍しているということで、環境問題については精通しているということだと思わったので、質問しました。

「各県に一カ所処分場を作るということや、評価方法については、民主党が決めたことなのか、環境省として決めたことなのか?もし、民主党が決めたことだとすれば、総選挙で政権が替われば状況は変わるのではないか?この評価方法では、まるで『高萩市ありき』で作ったのか!?」

2度聞きましたが、私が期待するような返事はもらえませんでした。

「特措法について質問が出たのでお答えします。」と言って、特措法の説明が始まってしまい、はぐらかされました。

政権が変わり、大臣が変われば、考え方も変わるかもしれません。

高萩市民の思いが伝わることを祈って・・・・

 


web by FC2

環境省へ署名簿提出

今日は、まず、副市長と共に県庁へ行き、常陸太田市ほか関係市町村の方々と国道461号整備促進に関する要望を実施してまいります。

その後、市長ほか職員と、高萩市民同盟の方々と共に、最終処分場白紙撤回の為に市民の方々から集まった約63000人の署名を環境省へ提出しに行ってきます。

私たちみんなの熱い思いをしっかりと伝えてまいります!


web by FC2

高萩市民同盟設立決起集会

午後7時、高萩市文化会館にて、指定廃棄物最終処分場候補地の白紙撤回を求める、

決起集会が行われました。

関係者を含め、約800人の皆さんが集まりました。

 

私も市議会の代表として、

今回の国の選定の仕方に対しての憤りを感じていること、

国には意見書を、県には要望書を出したり、矢板市と共同歩調をとることを提携したりしたことなど

の議会の対応について、そして議員団を設立して任意で行っている反対運動についてお話ししました。

特に、国の選定の仕方として、茨城県内でまず、8000ベクレル以上の放射性廃棄物があるかないか

という点で、13市町村が候補に挙がることになるのだが、その量については何の区別もなく、

400キロしかない高萩市も、950トン以上ある2市も、「廃棄物がある」で同じ4点の評価がつけられていること

について、非常に疑問に感じています。

多量の廃棄物を運搬する過程で、長い距離を通り過ぎることを考えると・・・

 

どこなら処分場にしていいというわけではありませんが、まずは白紙に戻していただいて、

その評価点の付け方、選定の仕方を見直す、さらには「県内で一カ所選定する」という処理方法も

再検討していくべきではないかと思います。

次の政権をとる政党が、どこになるのかわかりませんが、その党に対し、

強く主張していきたいと思っております。

 

 


web by FC2