高萩市防災行政無線

震災特別委員会の後、新しく導入される防災行政無線の説明がありました。 

現在は、親局装置がリーベロ高萩の前にある平屋のプレハブにあり、新しく建設中の南側のプレハブが出来たら、

その1階に、心臓部の装置(600kg)、3階に操作室を設置するそうです。心臓部はその重さゆえにプレハブの3階には

設置できないからということですが、話を聞きながら、設置場所について納得できないところありました。

防災無線は、地震はもとより、津波による避難を誘導するためのものです。それを1階に置くということは、

最初の津波警告を行った後、実際に津波が来たら、1階にある装置には水が入り、駄目になってしまう。

だから、私としては、手狭になってきたFM局とともに、既存の建物(福祉センター)の2階に

心臓部はあげるべきだと強く意見した。確かに総務課からは離れてしまうかもしれませんが、それよりも実際に

津波が来たときのことを考えるべき。せっかくの防災無線です。大事に使って活用しただきたい。

 


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>