ウイザス高校サッカー部

冬の大会では、惜しくも決勝戦で敗れましたが、

先日、ウイザス高校のサッカー部が茨城県高校サッカーの新人戦で優勝しました!

思いがけず、高萩市から、サッカーの強いチームが出るとは・・!  うれしくなりました。

ちなみに、アジア大会で日本代表として活躍した「香川真司選手」は、ウイザス高校の出身だそうです。

 

もう、こうなったら「サッカーの町」として、市をあげて盛り上げるしかないでしょう。

優勝報告会の時に、草間市長が、「何か要望はありますか?」

と聞いたところ、

「練習するグランドがほしい」と言われたそうです。

 今は、高浜グランドやサンスポーツランドで練習しているそうですが、

公式にサッカーの試合をするような、芝のグランドではありません。

ウイザス高校は、株式会社が経営する学校で、高萩市の特区によって作られた学校なので、

国や県からの補助や予算はないのです。そうとなれば、高萩市で何とかしてあげる方法はないのか・・??

募金や広告などで協力して、何とか検討出来ればいいなと考えています。

 

 


web by FC2

全員協議会

23年度予算の概要について説明があった。

 前年度より、予算規模で1億5000万円の減の123億3000万円。

主な理由は、松岡小学校校舎改築が終了したことによる。

そのほか、気付いたこととしては、

〇市役所耐震化経費 が入っていること。

〇子宮頸がん等ワクチンの助成費が入っていること。

  子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンの助成が決まったということである。

〇子ども手当経費 約6億4000万円が入っていること。

  他の自治体では、地方負担を拒否しているところもある。茨城県では、北茨城市が拒否を表明。

  地方負担分の財源については「ほかの一般単独事業に充てる」としている。

  高萩市長は、「制度が存続するなら、全額を国で負担すべき」と言っているが、市民への手当給付が滞る事態を避けるために負担には応じるということで、今回の予算に上がっていると思われる。

   先日、TVタックルに草間市長がゲスト出演した。今まで、高萩市長がそのような番組に出演することはなく、いいことだなあと思ったが、一緒に出ていた松阪市長が、はっきりと「子ども手当反対」主張しているのに比べ、厳しい意見を述べることがなかったので、ちょっと残念に思いながらも、国の方針に従わざるを得ない立場もあるのかなと感じていた。


web by FC2