総務委員会

今日は、市長が出した、住宅公社の破産責任で「一か月分だけ、給与30%カット」の案を検討しました。

私は賛成したのですが、否決されました。

しかし、私も賛成はしましたが、本来なら、1ヶ月分だけ30%カットではなく、

今すでに行財政健全化で13%カットになっているのだから、それに2%上乗せして

15%カットを、健全化を行っている間、ないしは、2期目任期中継続して行うほうがよいのではないかと思います。

1ヶ月だけのカットでは、パフォーマンスに過ぎないと思われてもしかたないでしょうし、

道義的責任に対する考え方の相違だと思います。

私としては、いくら、負の財産を引き継いだだけだと言っても、給料カットは、民間企業なら、一経営者としては

当然のことだと思うのですが・・。

 

 


web by FC2

6月議会 一般質問

今日は、一般質問2日目で、私は一番最後に質問しました。

1、企業誘致について

 赤浜工業団地の売れ残っているTK2 市長は、どこかお目当ての企業があるらしく、何人かの議員が

そろそろ、他の企業にも声をかけたら?という意見には聞く耳を持たず、

「私を信じてもう少し待って下さい。」

煮え切らない態度の娘を持つ親のような心境です。

2、子育て支援について 

 先日行ってきた、小野市や近くの大子町を参考に、いろいろな提案をした。

①中学生まで医療費の無料化

②小児科医の確保

③小中学校の給食費無料化

④中学校進学祝い品

⑤インフルエンザ予防接種の補助と接種会場の学校への移動

⑥子育て中の民間賃貸住宅入居者に対する家賃の補助

⑦次世代育成クーポン配布など、

財政が厳しい中、何にお金をまわすか、何を重視するかは首長次第。

少子高齢化が進む高萩市、少しでも子育て世代に快適にすんてもらえるようにするには、

支援策をどれほど盛り込むか、重要なことだと思う。

市長の答弁は、終始、国からの援助がなければ・・。ということだったが、

財政の許す限り、高萩市にできることから手をつけていただきたいと思う。


web by FC2

カンブリア宮殿

昨日、午後10時から「カンブリア宮殿」

総務委員会が行政視察に行った小野市で、取材が来ており、視察の会議中も

ずっとカメラが回っていたので、もう少し映されるのかなと思っていましたが、ほんのちょっとでしたねぇ。

 

それにしても、大物政治家がコメンテーターとして出ているときに、

しかも、この不況下でも業績を上げている優良企業の経営者と同様に取り上げられている地方の市長は

小野市の蓬莱市長だけでしたよね。

本当に、素晴らしいところに視察に行かせていただいてよかったと改めて、思いました。

テレビで映った、高萩市議団の最初の「すごいですねぇ」は、あのテレビの一瞬だけ見てると

一体何がすごいのかよくわからないですよね・・。(^_^;)

実は、あの時は「小野市うるおい交流館」の多目的ホールを見たところだったのです。

約500席のホール(近畿で3本の指に入るくらい)と、サークル室、会議室、託児室などを備えた建物で、

大きくて、明るくて本当に素晴らしいものでした。

そこは、市民の披露宴会場としても使われるそうです。

 

本当は、副市長等との会議のシーンが見てもらえるとよかったのですが、残念ながらその場面は映されませんでした。

そのほかにも様々な点において、勉強すべきところがあり、大変参考になりました。

今は、インターネットなど情報収集が簡単になり、遠くのこともよくわかるようになりましたが、

やはり、こうやって行ってみると、実際に、自分の目で見て、耳で聞いてくることがどんなに大切かと思います。

受ける刺激が違います。

行政視察をただの「議員の親睦旅行」のように思われ、不要だという方もいますが、やみくもに反対するのではなく、

「見るべきところは見る」「百聞は一見に如かず」です。理解していただきたいと思います。

 

 

 

 


web by FC2