全員協議会

本日、6月議会 全員協議会において、議案説明が行われた。

6月議会の予定・・

 6月 7、8日  一般質問

     10日  議案質疑

     15日  総務委員会

     17日  採決 

ぜひ、傍聴に来て下さい。

 

その他として・・

次の項目について説明があった。

◎ 高萩市・日立市事務組合を解散するにあたり、し尿処理及び、火葬場・斎場の財産処分について

 事務組合の業務については、それぞれ単独処理に移行することになる。

 ・火葬場、斎場は現在の高萩十王斎場で事務処理を行い、日立市は鞍掛山斎場等で事務処理を行う。

 ・し尿処理施設については、現在の花貫クリーンセンターで事務処理を行い、日立市は滑川クリーンセンターで

  事務処理を行う。

 

私も事務組合所属の議員として、高萩市にとって、不利益にならないよう日立市と交渉していきます。

 

◎ 私立幼稚園就園奨励費の見直しについて

 現行制度では、48.25%の園児が公立幼稚園に通うより、私立に通った方が授業料が安くなる

  ある条件下で計算すると、現行制度では、公立幼稚園に行く方が、年間36000円も負担が大きいことになるそうである。

  しかし、市内の私立幼稚園が2年後にはなくなること、市内の公立幼稚園は定員割れをしていることから考えて、

 私立幼稚園就園奨励費を見直すこととなった。

  この剰余金は、「魅力ある公立幼稚園づくり」のため、

    ・三歳児保育実施園の拡充

    ・障害児の入園促進(介助員の配置)

    ・延長保育の充実               の財源として充てられる。

 見直し案では、市の負担額を今までの半額とすることになっており、それによって、公立幼稚園に通うより授業料が安くなるのは、11.16%と少なくなる。

 上記の例と同じく計算すると、私立幼稚園に行く方が、年間18000円、保護者の負担が多くなるということである。

 

 私立に通う保護者に対して、全く補助がなくなるわけでもなく、今後は私立幼稚園というと「市外持ち出し」ということになることから考えると、今の高萩市の財政状況では、いたしかたないと思う。

 本来なら、公立幼稚園の授業料を半額くらいに下げるというやり方が最もいいのだが・・。 

 


web by FC2

萩っ子の英語版 「hag“kids”」に!

先月の市報で、市長の随想の欄に

「萩っ子を英語で ハギッズと呼ぶことにしよう。つづりは 「hagi」+「kids」=「hakkids」」

とありましたが、これを見て、私はちょっと???と思っていました。

そこで、市長室アドレスに

「そのつづりでは、ハキッズとは読めても、ハギッズとは読めないから、

ネイティブの方に見てもらうとか、英語の先生に見てもらうかした方がいいですよ」

とメールしたところ、2週間後にようやく、返事がきました。

 

>>ご清祥のことと思います。

 ご指摘の「萩ッズ」は、萩っ子の英語版として使用中です。

 スペルは、議員のおっしゃる通りと思います。

 ご指摘ありがとうございました。

 

 「hagi(萩)」と「kids(子供)」とを合せたものですが、

 おっしゃるとおり「Hagikids」 となります。

 

  中学の英語の先生などに訊ねましたら、スペルから

 ①「hagids」が好ましいとのことです。「haggids」でもよいとのことです。

  

  教育委員会のALTは、表記のしかたなら

 ②「hag“kids”」と表記することもできるとのことです。

 

 市長は、「hagi」+「kids」=「hakkids」としましたが、

 今後は、kidsを強調したいので「hag“kids”」と表記してまいりたいとのことです。

 

 

以上のような、返事がきました。

 

これからは、今までの hakkids ではなく、hag“kids”と書かれると思います。

  

 

  


web by FC2

総務委員会 行政視察

兵庫県 小野市 に行政視察に行ってきました。

057トリ.JPG

 

小野市長 蓬莱 務 氏は、民間企業で経理、購買、企画、人事の各部門を担当し、11年前に小野市長に転進しました。その行政経営手腕はすばらしいもので、今、とても注目されている市です。

 

今回、視察に行ったとき、ちょうど、テレビ東京の月曜夜10時から放送されている「カンブリア宮殿」という番組が、取材に来ていました。

 

この番組はこの平成の不況にもかかわらず、成長している企業の経営者を取材するという番組で、「関東から視察に来るところがある」ということで、高萩市が視察しているところを取材していたのです。予定では今月31日に放送されるそうです。

 

テレビが取材にくるくらいですから、本当に驚くことの多い素晴らしい

「行政経営戦略」です。

 

その4本柱とは・・

  顧客満足度志向

「市民=顧客」ととらえた「市役所は市内最大のサービス産業の拠点」

  成果主義   「何をやっているのか」ではなく、「何をもたらしたか」

  オンリーワン 「ここしかない小野らしさ」を追求する行政

  先手管理   「言われてからやる」のではなく、「言われる前にやる」

 「後手管理から先手管理へ」

 

その中でも、特に注目すべきは、県下で唯一の所得制限なし中学3年生まで医療費完全無料化。これこそ、本当の子育て支援だと思いました。その町に行けば、中学三年まで医療費はタダなのですから、子育て世代なら、住みたいと思うはずです。

 

2点目に、神戸大学の提案により、となりの三木市と病院を統合すること。平成2510月に会員予定だが、自治体と大学が連携して病院を建設・運営するのは全国初だそうです。

 

面白かったのは、人生の再出発と新たな出会いとして、第二の成人式を65歳の市民対象に行っていること。トークコーディネーターに桂三枝氏を迎え、「人生波乱万丈」や「新婚さんいらっしゃい」とよく似たスタイルで、三枝さんと苦労話トークを数人がステージでやるそうです。そうすることで、会場の人たちとの間に共感の輪が広がったり、他の人生に対する考えを聞くことができると、とても楽しみにしている方もいるそうです。

 

久しぶりに行った行政視察でしたが、「目からうろこ」というか、発見の多い有意義な視察となりました


web by FC2

臨時議会 住宅公社 破産の手続きの承認

今日は、住宅公社の改革に係る基本方針の策定について検討された。

 

要は、「住宅公社を破産する」という、改革プランを議会で承認し、第三セクター等改革推進債を上程、

破産申し立てをして、三セク債の許可が降りたら、それにより、損失補償を履行する。

ということである。

 

今日の議会では、改革プランが承認されたので、その後の手続きを進めることになった。

しかし、起債の償還年数は、国の指針では10年以内を基本とされているが、それでは返済が厳しいので、

15年くらいで償還期間を設定してもらうよう、国、県に要望する。

 

私は、「期間を延長したという前例はあるのか?してもらえる見込みはあるのか?」

と質問したところ、15年で要望して認められたところがあるらしいので、「同じように認めてもらえるように申請してみる」

そうである。

 

 また、住宅公社の理事長である市長が「事業を引き継いだ責任」をとって、給与の引き下げを行うということだったので、

「どれくらいの期間、どの程度減給するのか?」と尋ねたところ「一か月だけ、給与の30%減給する。」という答弁だった。

 

 私が思うには、たった1カ月だけ減給するのなら、5%~1%でよいから、市長の任期中ずっと減給する方が

いいのではないかと思う。また、市長が引き継いだ責任があるというのなら、議会としても長年、公社に関して

さまざまな議決を行ってきたので、私たち議会にも引き継いだ責任がある。償還の期間中、または、何らかの形で

協力して行くべきだと思うと発言した。


web by FC2