全員協議会

可燃ごみ処理について 

 1、処理委託の経緯   従来、広域行政の考えに基づき、日立市に委託してきた。

   今回、民間事業者から、より安い単価で処理するとの見積もりが提示された。

   委託費用の総額を積算した結果、自治体に委託することが大きな費用負担になる結果となった。

   年間のごみ量予測を7,040tとして、日立市に委託した場合、委託費の合計が  190,300,000円

                        民間に委託した場合、    〃        177,400,000円

    この差額について、現在、市民・職員が一丸となって財政健全化に取り組んでいる中、市民に対し

   説明が困難と判断した。

 2、今後の可燃ごみ処理の方針について

    広域化の実現までの暫定として、民間業者により委託処理することとする。

 

と、・・以上のような説明があった。さらに、日立市には先日すでに今後のごみ処理委託について「お断り」に

いってきたそうです。

 今まで、「ごみ処理は、安定性と信頼性から、広域行政に基づいて、近隣市町村に委託する。民間には委託しない。」

との考えで、何度も答弁してきた市長。いったいどういうことなんでしょうか?    

 


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>