高萩協同病院の医薬品処方について

7月14日、厚生連の理事会において、高萩協同病院の院外処方が10月1日より、院内処方に変更されることが決定され、

16日に高萩市に報告があった。

病院運営において、約8億7000万円の赤字が指摘され、今回、手綱に移転してから、今まで院外へ出していた、医薬品処方を院内にすることによって、少しでも赤字を解消しようという考えらしい。

しかし、病院での待ち時間を減らすこと、国民一人ひとりがかかりつけ薬局をもち、複数の医療機関から出される医薬品のチェックを受けること、細やかな服薬指導を受けられること、病院内での薬剤師にもっとベッドサイドでの薬の専門家としての役割を果たすようにすることなど、いろいろな理由により、厚生労働省によりすすめられている処方の院外化を、これから始めるのでも遅いくらいなのに、やめるというのは、時代の流れに逆行している。

市内の一般の調剤薬局にとっても、大変な痛手となることが予想される。できれば、患者側の選択として、市内の調剤薬局を利用していただき、混雑する病院では受けられない、きめ細かな服薬指導を受けていただくことを、私は、お薦めしたい。

 

 


web by FC2