議会改革特別委員会

行財政改革がスムーズに進んでいることから、

9月の決算を見て、財源の見通しを再度確認してから、検討するということになった。

したがって、休会中は審議を行わず、決算特別委員会が終了した時点で、審議を行うことになった。

 

 私が考えるには、決算は、おそらくいい数字が出てくると思うが、いい数字が出たからと言って、

議会経費の見直しを検討しないのではなく、陳情書は採択し、少しでも議会としての検討をするように

していかなければならないと思います。


web by FC2

総務委員会

人事評価システムが、今年の4月1日から2年間試行され、本格的に導入されるのは、2年後の予定だそうです。

能力評価、業績評価の二つで自己申告と上司評価によって、各々の評価をしていく。

昇級や給与にも影響するので、公平性をしっかり保って取り組んでほしい。昇級の際には、小論文を書かせてみるとか、

客観的な見方も必要ではないかと私は思います。それによって、仕事のいいアイデアが出てくるかもしれません。

また、以前から言われてきた、男女共同参画社会の実現という意味でも、もう少し女性の地位向上を考慮していかなければいけないと思います。

 人を評価するということは難しいと思いますが、時代の流れで一般企業ではずっと前から言われてきたことで、行政が取り組むのは少し遅いですが、指摘されてきたことが、遅まきながらやっと動き出したというかんじです。


web by FC2

6月11日 議案質疑

昨日、議案質疑が行われました。

私の質問は・・

1、補正予算 議案第36号 松岡小学校校舎改築工事請負契約の締結について

 今回の工事請負の契約について、52日 読売新聞の茨城版に、57日行われる松岡小学校の入札の件で、市や読売新聞社に談合や第三者の介入を疑う情報が寄せられたと書いてあったが、この談合の情報を、いつ、誰が、どのような形で、例えば、電話なのか手紙なのか、市や読売新聞に流したのか。その内容は具体的にどのようなものだったのか、市としては、この情報を受けて、聞きとり調査を何社、いつ、どのような形で行ったのか?

答弁 4月9日、市役所に電話で、30日に読売新聞水戸支社に電話で情報が寄せられた。弁護士等に相談して、入札業者を調査、5月1日に誓約書を書いていただき、7日入札をした。

 市としては、10数社入札に入ってくれると思ったが、結局2社だったので、予想外だったそうだ。

 

 私は、再公募するべきだったのではないかと思います。

 

2、議案第37号 一般会計補正予算 高萩中学校体育館改築工事について

  設計、委託にあたって、例えば、松岡小学校の校舎なら、木をふんだんに使うというコンセプトのもと設計したそうだが、この体育館については、どんな感じ、今と同じくらいのものを考えているのか、もう少し小さいものにするとか、大きくするとか、設備をよくするとか、シャワーをつけたり、トレーニング室をつけるとか、大体、どのくらいの程度のものを考えているのか?

 予算的にも、2億とか、3億とか、おおよそ、どれくらいのものなのでしょうか?財源はどのように確保するのか?

 

答弁 従来と同規模で耐震性の優れたもの、おおむね3憶6000万円の予定。子どもたちに支障のないように、現在の体育館の南側に建てる予定。財源は、国庫補助金等、現在検討中。


web by FC2

一般質問を終わって

昨日は、一般質問を行いました。

 

高萩市の教育について

1、幼稚園の延長保育について(スイミング、サッカー指導の取り入れと先生の補充)

2、学校の適正配置について(君田小中学校)

3、茨城県事業 小4の「学びの広場」について

4、特別支援教育(学習障害LD、多動性障害ADHD児の指導)

5、全国学力学習状況調査結果について

6、小学校の外国語指導について

以上の点について質問をしました。詳しくは後日、よしかわ通信にてご報告します。

 

教育長は、熱心に答弁して、少しでも高萩市の子供たちのために検討していただけるものと期待して

おります。

しかし・・相変わらず、あっさり、すっきり超簡単な市長の答弁に「やる気のなさ」を感じたのは

私だけでしょうか??

市長の市政方針の中には「次世代萩っ子の輩出」というのがありますが、本当にそれを願うなら、

教育問題にもっと、関心をもって力を入れて答弁するのが本当じゃないでしょうか?

大学の講師をやっていたそうですが、一教育者であったというのに、どうしてなのかと不思議に思っています。

 

明日は、議案質疑があります。


web by FC2