第3回行財政健全化計画検討特別委員会

議題:高萩市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の再議について

市役所側から、給与カットを中止しなかった場合の、財政状況(試算)と、これまでの取り組みと財政状況の推移、

および橋本県知事からの回答について説明があった。

 今日の会議は、反対側議員からの意見で「工業団地のTK2が売れればその収入で何とかなるから、給与カットしなくてもいいのでは?」ということであったが、現実的には売れてないのだし、売れたところで、土地開発公社が短期借入した6億円の方にまわして、あとの残りは直接住宅公社の損失補てんに充てることによって、補てんに充てるはずだった一般財源に影響することなく、学校の耐震化など、やむなく先送りしていた事業に充てるべきではないか?

 決して、それがあったところで給与カットしないですむというわけではない。むしろ、我々の議会費用を見直し、報酬、期末手当、議員定数などを検討すべきと思っている。 

 


web by FC2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>